左手で絵を描く⑤海辺で食べるお弁当と夕焼け

左手で絵を描く⑤海辺で食べるお弁当と夕焼け

ペン画にデジタル着彩(両方ともに左手)

ずいぶん前に行った海ピクニックの一日を

一枚の絵にしました。

昼前に海に行こう‼︎と思い立ってお弁当を作ったものの

思いのほか時間もかかり、子供たちのグズグズも合わさり

海に着いたのは15時半ごろ。

子供たちは軽く昼を済ませたけど、私は朝から空腹のままバタバタと準備をし、すでに疲れていた。

こんなに疲れるくらいならお弁当なんか作らなきゃ良かったのに。

なんだか1人で張り切って、独り相撲。

すぐにでも遊びモード全開に入りたい子供達に、

先にお弁当を食べようと懇願し

少し虚しさを感じながら頬張ったのを覚えている。

塩昆布を入れたもち麦ご飯のおにぎりを沢山と

海老とブロッコリーのマヨネーズ和えに人参のきんぴら、ミニトマト

長芋のソテーにもみ海苔をかけて、卵焼きにハム。

少し食べただけでもう遊びモードに突入している子供たちをなだめながら、

もぐもぐと矢継ぎ早にパクついていると

早めにご飯を切り上げたぽぽさんが騒ぎ始めた子供達を水際に連れて行ってくれた。

海辺ではしゃぐ子供達と、ヤドカリを捕まえてはヒーロー扱いされているパパの姿を見ながら

お弁当の残りを食べた。

ゆっくりと変わっていく空の色と変わらない波の音

夕焼けに光る水面のキラキラをぼーっと眺めていると

焦って空回りしがちな自分の弱さも

波が包み込んで流してくれるように感じる。

今日一日を無事に、幸せな時間を過ごせた事に

元気な子供達と優しいぽぽさんに感謝しながら

海と夕焼けを目に焼き付けた。

色をつける前のペン画(マクソンスケッチライナー、枠はダーマトグラフ)

休み休み描くもののかなり時間がかかってしまったので疲れた。それでも数日続けているせいか

左手が慣れてきたように感じる。成長中である。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.