左手で描く⑧母のTシャツを着る4歳長男

左手で描く⑧母のTシャツを着る4歳長男

存在を忘れていて、久しぶりにガサゴソと出してきた筆ペン。呉竹ZIGクリーンカラー

良さげな予感を感じて

描いてみると筆ペンの優しさに感動ッ‼︎

手首に負担をかけづらい筆記具として

3本の指に入るんじゃない…?

私の場合、右手首を上側に返す動作で痛みが生じるのだが、筆ペンは細い線を引く際にわりと立てて使うことが多いため、右手首は内側に下がるか、手首を返さず真っ直ぐなまま。(描き方、人によるかも)

そうすると痛みなく描ける。

と同時に

左手で描く際、影の部分を描く時に

利き手でないがゆえにぎこちなく

シャッシャッと滑らかなタッチではいかず

しゃ…ッ、し、ししゃッ…くらいの手こずりようだった

のだけど、筆ペンならすすーっと滑らすだけで

簡単に影をつけることができるのだッ‼︎

キター‼︎となったのは言うまでもない。

右手首にも優しいはずだ。

まだまだコントロールは上手くないけど

使いこなせれば両手首の負担少なく

利き手でないことによる疲労感も少なくすみそうだ。

ありがとう筆ペン、優しくしてくれて。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.